Admin * New entry * Up load * All archives 

C++&DirectXでプチプチゲーム制作をしています。文章力?気合で乗り越えるさ。

 

旧 ゲーム的な何か。

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
このページの記事一覧

    

Posted on --:--:-- «edit»

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --

go page top

Posted on 23:28:41 «edit»

Category:プログラミングとか

ようやく 

また1週間が(ry
えーと、試験中はなかなか大変でした。試験中に限ってゲームやりたくなったり。
civ1ゲーム消化しました。アショーカで皇帝勝利。寿司経済強し。
1ターン差の宇宙船でした。危ない危ない。

まぁ、試験の方は特にミスもなく終わったんでよしとします。

さて、まず、このサムネを。
ジャンボ!
友人が説明していたジャンケンを図で表しました。
名前は「ジャンケン ボー」とのことで、ご覧の通り「ボー」と何故か「イド」が追加されています。
矢印は向けられた方が負けで、何勝何敗とかはその手で他4つと戦った場合の勝敗です。

これはひどい。バランス的にはどうしようもないですね。パーとイドを出していれば結構勝てます。
もっとも友人いわく「ボーはロマン」などと言っておりますが。

よし、それじゃゲームにしてみよう、ということで現在ノリだけで製作中です。
個人的な勉強もありまして。

仕様としては
・2人又は2人プレイ(プレイヤーは1人)
・プレイヤーの出す手を読んで分析、勝ちやすい手を出す(もちろんいかさまではなく)
・完全ランダム、学習AI、ロマン派AI、KYAIの4種類を用意

こんな感じです。
要はAIに学習させることが目的です。

学習法としては、
プレイヤー(又はもう一方のCOM)の出し手の傾向を分析、偏っている手に勝てる手の重要度を上げる、という形で成り立っています。
これなら有利なパー、イドを出し続けていると意表を突かれることになりますね。事実勝率はなかなか。

本当は「Aという手の後の傾向」をチェックすべきですが何しろ5つも出せる手があるもので、サンプルが集まりにくいということであきらめました。傾向を保存できれば可能ですがね。

ちなみに、ロマン派は友人の意見を反映して「ボーを出す確率が非常に高い」、KYは「有利なイドをあえて多めに出してくる」(パーがOKなのは謎)という感じで特徴づけしました。

明日にでも完成させる予定です。

ではでは。あぁ書いててむなしい。。

テーマ: プログラミング

ジャンル: コンピュータ

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://frontiersman.blog61.fc2.com/tb.php/140-861a321e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。